お酒とシガーを楽しめる京都市山科区椥辻にあるバーLEMON HEART 21。

入荷情報

NEW ITEMS -新入荷商品-

サロンスペースがオープン。
サロンスペースがオープン
2022.8.29

この度、最大12名程座れるロイヤルサロンが併設。

気軽にゆったり2名様でも、軽い集まりの多人数でも。

テーブル席でくつろぎのお時間を。。。

貸し切り利用も可能ですので、ご相談くださいませ。

ラガヴーリン12年 2019 レア・バイ・ネーチャー カスクストレングス
PLAGAVULIN 12y 2019 Rare by Nature caskstrength
ラガヴーリン12年
2020.6.1

ディアジオの2019スペシャルリリース・コレクション、「レア・バイ・ネイチャー」各蒸留所の特別で多様な環境を祝うものであり、それぞれが異なる蒸留所への旅を提供し、それらを生み出した蒸留者とブレンダー、そしてそれらを楽しむウィスキー愛好家に提供するもの。
スコットランドで最も有名な蒸溜所のコレクションから、マスターブレンダーのクレイグ・ウィルソン博士によって選ばれた、限定版のカスクストレングスウイスキー8本。
モートララック、シングルトン・グレンオード、クラガンモア、カーデュ、ラガヴーリン、タリスカー、ピティヴアック、ダルウィニーからのユニークなスコッチウイスキー。

ロバートバーンズ シングルモルト
Robert Burns Single Malt
フローズン・バナナ・ダイキリFrozen Banana Daiquiri
2019.10.31

ロバートバーンズは日本でもなじみの深い『蛍の光』を作詞したことで知られるスコットランドの国民的詩人で、ウイスキーを心から愛し、ウイスキーにまつわる多くの詩を残しました。
アラン蒸溜所は、ロバート バーンズのサインと肖像を使う事を唯一許されています。
バーボン樽をメインに使用したスムース、モルティ、スイートな味わいで、シェリー樽熟成を少量加えることで、美味しいスパイスのひねり、芳醇さ、奥深さを与えています。

[入荷日] 2019.12.1 ポートアスケイグ 100プルーフ
Port Askaig 100PROOF
スペシャリティ ドリンクス社は、スキンダー&ラジ・シン兄弟によって設立され、魅力的なウイスキーを輩出しています。
また、数々のアワードを受賞しているボトラーズブランドの「ザ・ウイスキー・エクスチェンジ」を所有していることでも有名です。
「ポートアスケイグ」はアイラ島のカリラ蒸溜所に近い港町の名を冠したアイラのシングルモルトで、蒸溜所名は表記されておりません。
イングリッシュ・ハイプルーフ(57.1%)でボトリングされ、スモーキーさと力強さ、そしてフルーティーさを兼ね備えたアイラモルトです。 
[入荷日] 2019.12.1 ミクターズ US1スモールバッチ
MICHTERS  US1  SMALL BATCH
味の特徴は、プラムやチェリー、バランスの取れたバニラとキャラメルの香り、オークの樽香。 
スモール・バッチ・バーボンはアメリカで最初の蒸溜所として創業したミクターズ社の伝統を受け継ぎ最高のアメリカ産のコーンを使い完璧なまでに熟成させ、独特の濾過方法により味を柔らかくしています。
US1 (ユーエス・ワン) の名前の由来はアメリカで初めてウイスキーを製造した公認蒸溜所としてのミクターズの栄光の歴史を記念して命名されました。
[入荷日] 2019.6.10 グレンフィディック IPA エクスペリメント
Glenfiddich IPA Experiment
実験作のエクスペリメンタル・シリーズ 第一弾。IPA(インディアン ペール エール)を寝かせた樽で後熟させたウイスキー。
アメリカンオーク製バレルで熟成させたウイスキーを樽からいったん抜き、そこにホップをしっかり効かせたビール(Speyside Craft Breweryが製造したIPAインディアン・ペール・エール)を詰め4週間寝かせた後、元々入っていたウイスキー原酒を詰め直し 12週間後熟させた。
フレッシュで爽やかなシトラスにソフトで甘いバニラの香り、ホップの香りや苦みに加えフルーティーで溌剌とした味わいが広がります。 
[入荷日] 2019.4.10 エドラダワー カレドニア
EDRADOUR CALEDONIA
エドラダワー12年カレドニアは嫌みのない濃厚なシェリーで、硫黄の香りなどもなく完成度が高いシェリー樽のモルトです。
味わいはチョコレート、ミント、レーズン、オレンジ、シナモン微かな苦みが特徴。
スコットランドのシンガーソングライター「ドギー・マクリーン」氏の曲「カレドニア」から由来するウィスキー。
10年ものに比べてリッチで強い味わい。
仕上げ42ヶ月以上をオロロソカスクでフィニッシュ。
[入荷日] 2019.4.10 バルブレア05
BALBLAIR05
1790年創業。スコットランドで最も長い歴史を誇る蒸溜所の一つです。 
アメリカンオークバーボン樽使用し2015年ボトリングされました。 
色合いは淡いスパークリングゴールド。
香りは、フレッシュな青リンゴ、挽いたスパイスそしてハニーのクラシックなアロマでフルボディ。
熟成に使用されたアメリカンオーク旧バーボン樽が香り高い切り花とスモークのヒントと共にオークの様なバニラ、レザーそしてオレンジのノートを解き放ちます。
バランタインの原酒としても知られています。
[入荷日] 2019.1.20 コリーモア シガーリザーブ
CORRIEMHOR CigarReserve
ホワイト&マッカイ社マスターブレンダーのリチャード・パターソン氏が、葉巻との相性を考えてリリースしたブランドです。
バーボン樽由来のバニラ香とシェリー樽由来の甘いカシスのフルーティさが見事に調和した逸品です。
最低でも8年熟成させた原酒をベースに、様々な古い熟成年数の原酒をヴァッティングしています。優美な琥珀色、甘美な味わいにカラメル、熟した果実、オレンジのニュアンスを感じます。優雅で長い余韻を堪能できます。
[入荷日] 2019.1.20 ムーンハーバー ピア1
MOON HARBOUR
「ムーン・ハーバー」は、ワインの産地として有名なフランスのボルドーにできた、初めてのウイスキー蒸留所です。
世界三大貴腐ワインの一つでもある甘口ワインの≪ソーテルヌ≫の樽でフィニッシュされています。
フルーティで飲みやすいブレンデッドウイスキーです。
[入荷日] 2018.11.21 エンジェルズ エンヴィ
ANGELS ENVY
ケンタッキー州のルイビル・ディスティリングのラインナップ。
日本には未だ極少量しか流通していない新しい生産者です。かつてオールドフォレスターとウッドフォードリザーブで働いていた 伝説的なマスターブレンダー、リンカーン・ヘンダーソン氏が樽を選択し、本国で高い注目と人気を集めています。
6年以上熟成した原酒を更にルビーポート樽にて3~6ヶ月の後熟。
1度の瓶詰は8~10樽のみ。細かな熟成期間の規定は無く、天使が羨望の眼差しになったその瞬間が瓶詰の合図から《エンジェルズ・エンヴィ》と名づけたそうです。
随所にクラフト生産者ならではのこだわりを垣間見せる、業界に一石を投じる逸品となっています。
[入荷日] 2018.8.1 G&M ミルトンダフ10年
G&M MILTONDUFF 10Years
1895年創業、120年以上にわたりシングルモルトを世に広め、現在のモルトワールドを築いてきたパイオニア、老舗のゴードン&マクファイル社。
GM社のみに許された看板商品である「蒸留所ラベル」とは、各蒸留所との長く深い関係から蒸留所公認で生まれたオリジナルラベル。
ウイスキーが出来た瞬間からGM社が用意した樽に詰められ各蒸留所にて熟成、その後GM社倉庫にてボトリングの時を待つという 独自のクオリティーコントロールがなされたお墨付きの品質です。
[入荷日] 2018.8.1 グレンスコシア15年
GlenScotia 15Years
1832年に設立されたグレンスコシア蒸留所は、かつてウイスキー産業の中心地で、数多くの蒸留所があったキャンベルタウンで現在でも稼動している貴重な蒸留所の1つです。
閉鎖と再開を繰り返してきたため、一時期は生産体制も不安定で過小評価されることが多かったようですが、蒸留所のオーナーの変更による新生グレンスコシア蒸留所が始動し、新たなラインナップをご紹介できることになりました。
全てのボトルがノンチルフィルターでのボトリング。グレンスコシアのスタイルである「コクのあるスパイシーなフルーツと磯辺の波しぶきの見事なバランス」が表現された古きよきキャンベルタウンモルトです。
この「グレンスコシア 15年」は最上のアメリカンオークバレルで15年以上、熟成された商品。
[入荷日] 2018.7.1 ペールラバ8年
Pere?Labat
マリーガラント島はカリブ海の仏領グアダループ島の南東に位置しており、グアダループ本島を含めて「グアダループ県」を構成しています。
フレンチ・クレオール・ラムの生産量は全てのラムの数%でしかありませんが、その中でも突出して小さい蒸留所なのです。
ペールラバを生産するポワソン蒸留所は「世界で最も小さなラムの蒸留所」と言っても過言ではない規模ですので、必然的に保有する樽原酒が少なく、
この8年は不定期に若干量だけ生産されています。

入り口から全ての設備が見渡せるほどに狭い敷地、その中にあるとても小さな蒸留器。まるで自家蒸留さながらに、1本1品が丁寧に作られています。 ペールラバ独特の個性を持ちながら、熟成感や複雑味がたっぷり感じられます。
[入荷日] 2018.7.1 ケンタッキーヴィンテージ
Kentucky?Vintage
ケンタッキーバーボンディスティラー社はウィレット蒸留所からの社名変更後の名前で、 遙か昔、ウィレットファミリー?1600年代開拓者としてアメリカに移住。現在もフランスのモンマルトルには「ウィレット?スクエアー」が残っています。
?当初は、コニャックのノウハウで蒸留。
1900年に入りバースタウンに蒸留所を建設。
1936年に正式にランバート・ウィレットがバーズタウンでウィレット蒸留所をスタート。貯蔵庫に残っている樽から選んだ原酒をベースに、6~12年熟成酒をブレンド。
ハーブ香、燻香を備えたミディアム派。
[入荷日] 2018.6.1 アードベッグ グルーヴス
Ardbeg Grooves
1815年にスコットランドにある小さな島・アイラ島で誕生した、世界で最もピーティー(泥炭)でスモーキーなシングルモルト「アードベッグ」。
型にはまらない、強烈な個性を持つ究極のアイラ・モルトとして、世界中のウイスキーファンから愛されています。
毎年5月~6月にかけて行われる、世界中のアードベッグファンと祝うお祭り“アードベッグ・デ―”にかけて、発売されるその年だけの数量限定商品。
今年は“ラブ&ピート(泥炭)”をテーマとして、アードベッグらしく型破りなスタイルで、ウイスキーにかける炎のような情熱をたっぷり注ぎ込み、『アードベッグ?グルーヴス』を誕生させました。
アードベッグならではの粋な世界観を表現した『アードベッグ?グルーヴス』は、木の表面までしっかり跡がつくほど焦げ付かせたワイン樽で熟成。
アードベッグらしい力強さのなかに、スモークした様々なスパイスと焚き火のような薫り、アップルとスモークした洋梨のメロウなモヤのなかに消えていくような味わいが楽しめる、唯一無二のアイラ・モルトです。
[入荷日] 2018.4.1 マックルフルッガ
Muckle Flugga
「マックルフルッガ」とは、シェトランド諸島の北端にある、 ロバート・ルイス・スティーブンソン(19世紀スコットランドの作家であり詩人)の父親が建てた、同名の灯台から名付けられました。
オークニー諸島より更に北へ80km、英国で最も北に位置し、 最も人を寄せ付けない「シェトランド諸島のウンスト島」で熟成された大変興味深いシングルモルトです。
今回も第一級のモルトとして知られ、近年も絶大なる人気を誇るスペイサイドモルト「ロングモーン」のみを原酒に使用。

アメリカンオークのバーボンの新樽を使用し、スペイサイドで熟成を経た後のベストなタイミングで、 はるか遠く離れたシェットランド諸島へ運ばれ、さらにひと冬を越す12ヶ月の熟成が施されます。
様々な自然の恵みを受けることで、ふくよかでたっぷりの果実の風味を持ち、 荒々しさが削り取られた滑らかでユニークなウイスキーへと仕上がるのです。
熟成感もありながらフレッシュで、滑らかでとろけるようなハチミツとフルーティーな味わい、 全てのボトルにナンバリングされた2樽のみのバッティングによるスペシャル「ロングモーン」です。
[入荷日] 2018.1.1 ロイヤルロッホナガー セレクトリザーブ
Royal?Lochnagar?Selected?Reserve
ロッホナガー蒸留所は1845年設立。ヴィクトリア女王とアルバート公がここを訪れ、王室御用達の証“ロイヤル”の冠を授与された蒸留所です。 スコットランドの老舗蒸留所では3番目に小さく、スコットランドのシングルモルトスコッチウイスキーの中では最も希少性の高い銘柄のひとつ。 また、現在では数少なくなった、ウイスキーづくりの全てを手作業で行っている最後の蒸留所のひとつです。 味わいは奥深く複雑。ピート香やフルーツの酸味を伴う、ミントがかった新鮮な松脂の香りの背後から濃いタフィーの香りが登場。 全体的に甘く奥深い香りが展開し続けてやまない至高の逸品。
[入荷日] 2017.12.1 ボウモア?10年?テンペスト?V
Bowmore?10?Y?Old?Tempest?V
ファーストフィルのバーボン樽で10年以上熟成した原酒を100%使用し、カスクストレングスで瓶詰しました。 スコットランド・アイラ島のシングルモルト特有の海風のような爽やかな香りとピート香がありながらも、 バランスのとれた飲みやすい味わいが特長です。 深みのある美しい金色の液色で、柑橘系の爽やかな香りの中に樽由来のバニラやココナッツの香味が感じられ、 スモーキーな余韻が広がります。
[入荷日] 2017.12.1 シングルモルト宮城峽 モスカテルウッドフィニッシュ
華やかで軽やかな味わいの「シングルモルト宮城峡」を、 ポルトガル産モスカテル種でつくられた酒精強化ワインの樽でさらに熟成させることで、 爽やかな甘さとビターな樽香が調和した味わいを実現しました。 マスカットを思わせるフレッシュな香りとモルトの香ばしさ、 樽の香りと調和したフルーティーな味わいに加えて、樽のビターさと甘くコクのある長い余韻が特長です。です。
[入荷日] 2017.11.1 Octomore 07.4 Virgin Oak
オクトモア 07.4 ヴァージンオーク Octomore 07.4 Virgin Oak
高級なフレンチ・ヴァージンオークと、古典的なアメリカンオークの組み合わせによる、複雑な樽熟成が特徴です。
世界で最もスモーキーなスーパー・ヘビリーピーテットのシングルモルト・スコッチウィスキー『オクトモア』。
ピートレベルの高さに驚くだけではなく、何よりそのバランスのとれた複雑な味わいの深さに感銘し、一度口にすると病み付きになります。
ファンが愛してやまない「オクトモアシリーズ」のスペシャルな限定品です。
[入荷日] 2017.11.1 駒ヶ岳ネイチャーオブ信州
信濃蒲公英
「シングルモルト駒ヶ岳 ネイチャーオブ信州」は、若く躍動感のあるモルト原酒を主体に、信州の恵みに感謝し、自然が織りなす新旧モルトの調和をボトルに込めたシリーズです。
「竜胆・小彼岸桜」に続く3ndリリースのテーマは長野県に広く生息する「信濃蒲公英」。
バーボンバレル、アメリカンホワイトオーク新樽で熟成された2014年蒸留のモルト原酒主体に、20年以上熟成された長期熟成モルト原酒をヴァッティングしました。
やわらかく華やかな香りに、シェリーカスクで長期熟成されたモルト原酒由来の熟した果実の風味を持つシングルモルトウイスキーです。
[入荷日] 2017.9.30 Paul?Giraud?15Y?Vieille?Reserve
ポールジロー15年 ヴィエイユ・レゼルブ
グランシャンパーニュは年を重ねるほどその良さを発揮しますが、15年はまさに「古酒の入り口」です。
フレッシュな風味と熟成感のバランスが絶妙。
[入荷日] 2017.9.30 Fettercairn?12Y?Old?Malt?Cask
フェッターケアン12年 オールドモルトカスク
カスタードクリームやアプリコットの香り、スパイスを含んだダークチョコレートの味わい。
フィニッシュはミディアムでほんの少しスパイシーさが残る。
[入荷日] 2017.08.27 El?Ron?Prohibido?12?Years?Old
エル ロン プロイビート12年
スペイン語で「禁断のラム酒」を意味するメキシコ産のラム。
ブドウを陰干しして水分を飛ばして糖度を高めた干し葡萄から作る甘口ワインの空樽で熟成。
18世紀、スペインからアメリカに航海する船には樽に入った甘口のワインが運ばれ、
その空き樽にメキシコ産のラムを詰めていた名残りを再現したもの。
葉巻にもよく合う一品です。
[入荷日] 2017.08.20 Kilchoman?Sanaig
キルホーマン サナイグ
イラ島のピートをたっぷりと炊き込んだ
フェノール値50ppmの麦芽を使用した、ヘビーピーテッドタイプのシングルモルト。
バーボンの特色を多くとらえたフラグシップの「マキヤーベイ」とは対照的に、オロロソシェリー樽の特徴を色濃く反映しています。
「サナイグ(Sanaig)」とは、蒸溜所から北西に位置する岩の多い小さな入り江の名前。
美しく広がるサンドビーチ「マキヤーベイ」と対照的なアイラ島の海岸線です。
[入荷日] 2017.07.07 マルス津貫蒸留所 ニューポット ヘビリーピーテッド
ニューポット(蒸留新酒)とは3年以上の樽貯蔵を経たウイスキーの原型です。
色は透明でアルコールも60度ですが、驚くほど丸く、
微かにドライフルーツのようなニュアンスと
ほっこりとした麦芽の甘味、豊かに広がるピート香。
水を少し加えると アルコール臭が穏やかになり
本来持っていた華やかな香りが広がります。
[入荷日] 2017.06.17 TIMOROUS?BEASTIE
ティモラスビースティ
スコットランドのボトラーズブランド、ダグラスレイン社『ティモラス?ビースティ(かよわきケモノ)』と名づけられたハイランドモルトのブレンデッド モルトウイスキー。
ウイスキーファンにはおなじみの作家ロバート・バーンズの作品「二十日鼠へ」に登場する小さくて臆病な野鼠からのネーミングですが、 ブレア・アソール、ダルモア、グレンゴイン、グレンギリーなどを中心とした 中身はしっかりと自己主張をした素晴らしいブレンデッドモルトにしあがっています。
あふれるような甘いアロマ、フローラルで軽やかな麦芽や、スパイシーなハチミツ漬けを感じさせます。
[入荷日] 2017.06.17 Quintero?Y?Hno.?Londres?Extra
キンテロ ロンドレス エクストラ
スパイシーで刺激的な喫煙感。
[入荷日] 2017.06.17 Rafael?Gonzalez?Panetelas?Extra
ラファエル ゴンザレス パナテラ エクストラ
ロメオ・イ・フリエタのセカンドラベル。
癖のない味わいが初めての方にもオススメです。
[入荷日] 2017.06.17 Romeo?y?Julieta?Mille?Fleurs
ロメオ・イ・フリエタ ミル・フルール
マイルドでフローラル系の心地よいアロマ。
[入荷日] 2017.05.10 Quinta?de?St?Eufemia
キンタ・デ・サンタ・エフューミア トウニーポート20年
キンタ・デ・サンタ・エフューミア トウニーポート20年
ルビーポートをタウニーカラー(黄褐色)になるまで熟成させたもの。
木樽にて最低10年以上熟成の原酒をブレンドし、ボトリング。
まろやかな甘味が堪能できます。
[入荷日] 2017.05.10 BOWMORE?Small?Batch
ボウモア スモールバッチ
ボウモア スモールバッチ
「アイラモルトの女王」とも呼ばれるボウモアが、少量生産の厳選された原酒を使用して生みだした1本。
バーボン樽で熟成させた甘くスパイシーな味わい。
[入荷日] 2017.05.10 Glenfarclas
グレンファークラス17年
グレンファークラス17年
以前サッチャー元首相が、いつも飲んでいるお酒は?との問いかけに
「グレンファークラス105」と答えたと言う話もある程の蒸留所。
17年は、香りは上品で、重厚な甘さというよりもエレガントさを感じます。
口に含むと、シェリー特有の渋さを伴なう様な甘みではなく、
柔らかくバランスの良い温かい味わいの後にドライさを感じます。
フィニッシュに感じる僅かな柑橘香がすっきりと切れあがると感じる印象を運んでくれます。
[入荷日] 2017.04.27 Ichiros Malt Double Distilleries
イチローズモルト ダブルディスティラリー
Ichiros Malt Double Distilleries イチローズモルト ダブルディスティラリー
埼玉県秩父にある秩父蒸留所にて造られる国産ウイスキー。
ジャパニーズウイスキーの中でも生産本数が少ない為、希少価値の高い逸品。
オリエンタルな雰囲気漂う甘みととスパイシーさが長く永く続きます。

Open hours & Access -営業時間とアクセスマップ-

075-594-8480 営業時間:17:00~25:00
 金曜日、土曜日:17:00~27:00

日曜定休、3連休の時は月曜休み

〒607-8163
京都府京都市山科区椥辻東潰32-4 DAWNSPACE 2F